viagra online buy cialis online buy viagra online viagra online buy cialis online buy viagra online



ルーターと言えば、何を思い起こされるでしょうか。
多くの人はインターネットを契約するときに必要な箱と思ってらっしゃる方が多いと思います。確かに家庭用のインターネット接続機器もルーターやL3スイッチの一種です。
ルーターの基本機能は異なるネットワーク環境間で通信データを仲介することです。
仲介機能があるため、ファイアーウォールやNATという内部を隠蔽する機能まで持たせたものがあります。
L3スイッチとは上記の機能をハード的に実現する装置です。
プロトコルと呼ばれるデータ転送手順はTCP/IPの1種類だけです。1方ルーターは複数の通信手順をサポートしています。L3スイッチの利点は構造が簡単になるため、ルーターと同様の処理能力でも安価に入手できる点です。ご家庭内に設置されるタイプをブロードバンドルーターと呼びます。
ADSLや光ケーブル等インターネット接続用に使われる機器です。
メーカー間での差別化がしずらい機器で低廉化が進んでいます。最近ではWiFiも搭載するようになり、家庭内でのアクセスポイントも兼ねるようになりました。
簡便ですがファイアーウォールやNAT機能を標準搭載しています。
企業においては、昔ほどルーターを設置することは少なくなりました。
企業の支店間やグループ間を結ぶネットワーク回線(外側)がTCP/IPで直接接続することができるようになったためです。
かっては、外側には別のプロトコルが必要でした。現在は外側も内側もTCP/IPで統一できるため、L3スイッチの採用が多くなっています。未だにルーターの需要が多いのは通信事業者です。
ルーターが必要となる主な理由を次にご説明します。
収容する回線数が非常に多く存在し、L3スイッチ以上の回線容量が必要です。さらに仮想的なネットワークを構築する必要があるため、複数のプロトコルをサポートする機能が必要となります。
また、増設にかかわる冗長性や故障にかかわる冗長性等に関して多機能性が求められます。
以上、ルータの主要な機能を解説しました。機能はルータで培われ、培われた機能がハードウエアで実現できることが分かれば、L3スイッチに実相されていきます。